【脱力カンタンチェック法】うたうときに喉舌顎に力入っているかどうかを自分でチェックする

SEO

http://kyomei.net/l/u/UI3cagliaerHjiX9
★無料メルマガ★『高音が出ない』『声が小さい』『音程が悪い』『ビブラートがかけられない』これって力んでるからかも?!上手に力を抜いて自分らしい声で心を込めて歌うためのメール講座です♪♪受講者専用特典もありますよ。

こんにちは。

コウタローです。

思い込みから自由になればコエは、ウタはすぐに変わる!

ということで、今回は

うたっているときに余計な力が抜けて
歌えているかどうか

自分で気づいて改善していくための
セルフチェック方法

についてご紹介します。

うたっていると

力んでるよ!もっとリラ~ックス!

なんて指摘されることがあると思います。

しかし・・・

???チカラ入ってるって???どこに???

というように、

言われてもチカラが入っていることに気付けない

ということがよくあるのですね。

これは、その人にとっては

チカラが入っているのが普通

だから気付こうにも気付けないのですね。

気付けないというのはダイ~ブ厄介です(本人談)

たまにこういうチェックをしておくと、

どうもさいきん歌いづらいなぁ~
なんでこのフレーズだと喉がきついんだろう??

というようなことの突破口になるかもしれません。

どうぞご確認くださいね。

動画をまとめると

うたっているときに

1.
顎の下に指をあてて押し返されないかどうかをチェックする

2.
舌骨のすこし上の喉に指を当てて押し返されないかどうかチェックする

これだけです。

力みがあると指がピコンピコン!と押し返されるのですぐわかります(笑)

動画でも説明していますが、

指が押し返される場合、

押し返されないようになるにはちょっと練習が必要です。

チェックはカンタンですが、

え?え?これじゃ歌えないじゃん!!

と思われる方もいるかと思います。

はい、私です(泣)

ただ、これまでご紹介してきた4つの思い込みに

気づいて手放してきたところ

現在はほとんど押し返されることはなくなりました。

逆に

押し返すようにうたおうとすると
力んでいることがものすごくよく分かる

ようになりました。

まさしく

ブレーキを踏んだまま走る車とはこんな感じなのかな

ということを実感しています。

いずれにしても

まずは気づくこと!

これがあってはじめて思い込みは手放せます。

どうぞこのチェック法をお試しください。

というわけで、今回は

余分なチカラが入っているかどうかを
客観的に知ることができるカンタンなチェック方法

についてご紹介いたしました。

今回もお読みくださり、ありがとうございました!

コメント