森絵都「カラフル」をタイで映画化『ホームステイ ボクと僕の100日間』予告

記事の書き方

<作品情報>
作品名:ホームステイ ボクと僕の100日間
作品情報ページ:
【解説】
「当選しました」その声で、死んだはずの“ボク”の魂が、自殺した高校生ミンの肉体に“ホームステイ”することになった。ミンの自殺の原因を100日間で見つけ出さないと、“ボク”の魂は永遠に消えると告げられたことで、新生“ミン”として、もう一度人生をスタートさせる。ある日、1台のパソコンの存在を知り、自殺したミンを苦しめた残酷な現実と対峙していくことに…。
配給元:ツイン
(C)2018 GDH 559 CO.,LTD.ALL RIGHTS RESERVED

コメント